アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
京都から脱力系定点観測!
ブログ紹介
生活骨董品修理部門と仕入れ部門のはみだしスタッフ。どちらかと言うと裏方ですが、結構コアでディープな情報が蓄積している。もったいない・・・・。というわけで、和のアンティーク専門店Pro Antiques"COM"のバックヤードスタッフがお送りする日記です。古道具の修理屋と言う実証的な見地から日本の歴史をあれこれ考えてみようかと・・・。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
昔の不思議な仕事??
昔の不思議な仕事??  古い品物を修理すると言う事は、昔の制作者の何かに触れる事じゃないかと思っています。  時に分解して初めて分かる様な、仕事っぷりと細やかな心配りや見えない工夫に溜息をつく事も在りますし、逆に酷い手抜きや驚く様な乱暴な作業に触れると色んな事が頭をよぎったりもします。  当時でも高級な物は大抵見えない細部まで良い仕事が成されており、気持ちを引き締めて取り組む事が多いです。やはり、今以上に価格は細部に対して反映されていた事がよく分かりますし、単に本箱と言ってもピンからキリまで在り、当時の新聞広... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/14 10:57
激変した時代の証人
激変した時代の証人 仕入れスタッフが「戦後に作られた物で、単純だけど、すごくいい木目だよ」と、申しますので、入って来た物を見て・・・確かに、ケヤキの木取りが見事な板を使用していると感心しました。 しかし、よく見ると何か腑に落ちません。素材の割に構造は単純で、おそらく制作された年代であろう戦後・・・昭和20年頃の材料難の時代にこんなに贅沢なケヤキの使い方をするだろうか?。といぶかしみました。 それで、よく細部を調べてみて、ああこれは!と言う事に成りました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/02/27 22:37
家具なのか?それとも建築物なのか?
家具なのか?それとも建築物なのか? 箱階段・・・階段ダンスとも呼ばれることもあります。 階段の下部分を収納装置として位置づけた独特のもので、 日本家屋、とりわけ古い町家の収納能力を極力稼ぐ為のすばらしい工夫の結晶です。 海外でレプリカが創られたりしていますがれっきとしたジャパンオリジナルです。 さて、その箱階段 もうそろそろ仕上げにかかっていますが現在工房にエントリーしています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/01/25 22:15
あけまして、おめでとうございます。
あけまして、おめでとうございます。 Pro Antiques "COM"もおかげさまで、 9周年を迎える事が出来ました。 ひとえに皆様のご愛顧のお陰です...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/12 20:33
傘立てという宿命
傘立てという宿命 京都では明治の中期頃には洋傘が市民権を獲得していたようで、その頃に「傘立て」が家具として誕生します。和傘は洋傘と比較して上下を逆に保存しますから、それまで日本には傘立てと言う概念が無かったので、当然洋傘同様に西洋の傘立てをその手本とした様です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/07/25 10:19
夢をつむぐ箱
夢をつむぐ箱 今で言えばCDとかDVDケースと言う物に当たるんでしょうが、レコードその物が価格的に高価な物だっただけにレコードケースも立派で面白い物が多いですね。主流はSP用の古い物でLPケースと成るととたんに簡素化します。ですから、「レコードケース」として思わず素晴らしいと感じるのは大正から昭和30年頃まで木製のものがメインです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/18 21:59
過去から聞こえる・・・。
過去から聞こえる・・・。 木製校舎と黒板とオルガンの響き・・・。 懐かしいですね。 工房にエントリーした 昭和10年7月30日の製造刻印があるYAMAHAのオルガンです。 電子楽器の普及で、平成生まれにとってはなじみの薄い楽器ですが、 これで「ねこふんじゃった」を演奏した方も多いんじゃないでしょうか? ピアノと形状が似ていますが、 原理的には「フイゴ」の役割をする足のペダルで空気を送りながら、 内部の圧縮空気が導管を通る際に音を立てると言う「笛」と同一構造の管楽器です。 ピアノよりフルートの親戚... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/28 16:10

続きを見る

トップへ

月別リンク

京都から脱力系定点観測!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる